【静岡:熱海】『オーシャンスパFuua』のインフィニティ温泉と、おしゃれなリラクゼーションスペースで自分にご褒美♩

by m a d o k a
まどか
まどか

熱海旅で行った『オーシャンスパFuua』が最高でした!この感動を、写真たっぷりでお伝えします♪

 

アクセス・チケット

熱海駅から無料シャトルが出ています。

チケットは、後楽園ホテルの宿泊者がもらえる割引券を使って、

通常2750円 → 割引後1650円 で入館できました。

ちなみに、割引券の利用は 当日でも翌日でもok だそうですよ^^

7F:スパゾーン

2階の受付でタオルや館内着を受け取って、さっそく7階にあるスパゾーン(お風呂のある階)へ♪

ちなみに男性のスパゾーンは5階です。ゆうさん(彼)とは別々の階なので、

まどか
まどか

1時間後に4階で待ち合わせよーー ♪

おっけー! あとでね〜

ゆうさん
ゆうさん

と、エレベーターの中でやりとりして、わたしは7階へ。

このインフィニティ温泉がもう、すばらしかった🥺

って、わたしが勝手にこんな呼び方してますが ほんとの名前は『露天立ち湯』です^^

オーシャンビューで、水面に顔を近づけて景色を眺めると、温泉の水面はどこまでも続く海のよう。

なのに全身がぽかぽか温まる、不思議な感覚✨

この大自然との一体感、ぜひ体験してほしい。

(すごく伝えたいので、パンフレットの写真を。)

「はああ気持ちい〜さいこうっ^^」って心の中で声を上げながら、

ひとりで入っていても自然と笑みが浮かんでしまう♪

温泉に立って入るのも初めての体験! 全長約25mと長く、奥の方まで歩いていくのも楽しいです^^

あ、あと露天立ち湯は、景色に向かって「左手側」には段があるので

座ってゆっくりすることもできますよ🙌

 

時間帯を変えて景色を楽しむのもおすすめ◎

(街側も見えるから、夜景も綺麗らしいです✨)

パンフレットの写真、どうぞ♡

露天だけじゃなく、内湯もサウナもぜんぶ「眺望さいこー!♡」の、スパゾーン でした^^

4F・3F:アタミリビング

スパゾーンから4階へ。エレベーターを降りて待っていたのは、広がる芝生!(人工芝です^^)

芝生に座って、海を眺める。なんて癒されるの〜

「探検しよう〜♪」って、まずは歩いてみたよ^^

ごろごろソファーエリア。

このおしゃれなカフェのようなエリアは、夕方になるとパソコンで作業する人が続々でした✨

ここにもコンセントのあるパソコン作業エリア。

こんな景色をみながらのワーケーション、素敵すぎませんか✨

わたしたちはとくに、この目の前に海の景色が広がるソファでゆっくりまったり、くつろいだ^^

空と海とごろごろ読書、幸せすぎた♡

気持ちよさそうに昼寝をしていた彼。

しばらくして、また探検♪

はじめて一緒にこたつに入れたのもうれしかったし、

(猫かわいい♡)

ここで海を眺めながらのノートタイムを楽しんだり。

夕方またインフィニティ温泉につかりながら、空の色の変化にまた感動して。

お風呂後は、定番のコーヒー牛乳を楽しんだ♪

これはやっぱりはずせない^^♡

個人的に、初めて挑戦した『岩盤浴』もすごくよかった!

ホットヨガのクラスの最後の最後にやるシャバーサナのような、

いつまでも寝ころんでいたくなるまどろみの中のようなあの感覚。(伝わる?)

(画像は公式サイトより)

あと、『温睡浴』の部屋も大好き!

大きい満月のようなやさしい灯りの下、ふんわっふわのソファベッドに身体が沈みこむ、この気持ちよさ。

(画像は公式サイトより)

3〜4階のアタミリビングは、広がる景色やテーマごとに違う雰囲気の空間を、

気分を変えて楽しみながらとことんくつろぐことができる リラックスエリア でした♡

食事

 

そうそう、食事は2階にある『Harbor’s W』にて、

館内着のまま頂くスタイルでした。

 

みんな一緒の館内着を着て歩き回る

このチーム感が、なんか好き♡ 笑

ランチは魚介のグリルを。とてもおいしかった!♡

まとめ

 

熱海にある『オーシャンスパFuua』は、

広がる海と空と温泉とを一度に楽しめる素敵な施設でした!

広い館内に充実したテーマごとのリラクゼーションスペースで、

気分に合わせて場所を変えながら一日中楽しめるし、

まるでお家にいるようにくつろげるますよ^^♡

info.


📍オーシャンスパ Fuua

☎︎ 0557-82-0123

〒413-8626 静岡県熱海市和田浜南町10−1

google mapをみる

公式サイトをみる


Memo.

・お子さんと行く方へ:“幼児も同性じゃないと、お風呂に一緒に入れない“との情報があったので、当てはまる方は事前に問い合わせてみてくださいね。

コメントはこちらへ